計測器・測定器・パソコン等IT機器のレンタル、
リース、中古機器販売、校正受託ならお任せください

蓄電池(二次電池)充放電試験


概要と特長

小容量の材料評価用リチウムイオン電池セルから民生用電池、大型産業用電池まで、装置最大で20チャンネルの充放電試験装置を多種多様な試験ニーズにご利用いただけます。
18650型電池の試験も低価格でご提供します。

このサービスの特長

詳細情報

大容量蓄電池充放電試験

EV、PV、PHVなどの駆動用電源に必須となる、リチウムイオン電池などの大型蓄電池(セル)。 当試験センターでは、その開発や評価に必要な「充放電サイクル試験装置」を多数用意し、サイクル劣化、保存劣化、特性評価などの試験需要にお応えします。

充放電
チャンネル数
20チャンネル/10チャンネル
定電流範囲
0~120A/0~240A
定電圧範囲
0~5V
最高サンプリング間隔
10msec

恒温槽




1槽あたり10ch/5ch -40~100℃、CO2自動消火、放圧ベント、扉ロック、警報出力通知機能、煙探知、その他

小型民生用蓄電池充放電試験装置

設備の主な特徴および機能

充放電電圧
0-5V (精度FS0.1%)
充放電電流





 
・10A装置
(10A、1Aレンジ)
・6A装置
(6A、0.6Aレンジ)
・1A装置
(1A、0.1Aレンジ)
 精度:FS0.1%
制御周期
100msec
試験種類



(充電)定電流、定電圧、定電力、定抵抗
(放電)定電流、定電力、定抵抗、休止
出力データ

電圧、電流、電気量Ah、電力量Wh、恒温槽温度
恒温槽



1槽あたり20ch、-40~100℃、CO2自動消火、放圧ベント、扉ロック、警報出力、煙探知、そのほか
対応電池形状

2極ラミネート、18650型円筒電池など

利用規約など

試験センター利用規約試験業務受託サービス約款試験設備利用サービス約款

導入までの流れ

料金体系

料金についてはお問い合わせください。


ページトップへ