計測器・測定器・パソコン等IT機器のレンタル、
リース、中古機器販売、校正受託ならお任せください

玉手箱

【アプライアンス】BIG-IP Local Traffic Managerのご紹介

オリックス・レンテックで取り扱いのあるロードバランサーをご紹介します。

製品概要

 BIG-IP Local Traffic Manager(以下、BIG-IP LTM)は、業界初のフル・アプリケーション・プロキシアーキテクチャ(TMOS)を搭載し、ロードバランソング機能を軸に、これまでにない柔軟で強力なトラフィック管理を提供します。BIG-IP LTMの導入により、多彩なIPアプリケーションにおいてクライアントとサーバ間のトラフィックをエンド-to-エンド、かつ双方向にコントロールでき、卓越した安全性、高速化、安定感を実現したトラフィック管理が可能になります。
 BIG-IP LTMは、従来のアプライアンス製品に加え、シャーシタイプのVIPRION、ソフトウェアタイプのVirtual Editionがリリースされており、導入するネットワーク環境に応じ、最適な製品を選択することが可能です。

ロードバランサとしての高い基礎能力 と システムを止めない「安定稼働」

 技術力と信頼性で定評のあるロードバランシング機能に加え、柔軟なモニタリングでアプリケーションの稼働を正確に判断します。さらに、高速フェイルオーバーやHTTPリダイレクションなどの機能により、ミッション・クリティカルなアプリケーションサービスのビジネス・コンティニュイティ(事業継続性)を確保します。

攻撃を未然に防ぐ「安全性」

 効果的なセキュリティを実現するには、ユーザ認証や攻撃に対する防御まで、さまざまな要件を漏れなく抑える包括的、かつシンプルなソリューションが必要です。BIG-IP LTMには、Cookieの暗号化、 パケットフィルタリング、 DDoS対策等、セキュリティを高めるための多種多様な機能が搭載されています。

リソースを最大限に活用した「高速配信」および「サーバ負荷軽減」

 TCPプロトコルの最適化機能を実装し、トラフィックのオーバーヘッドを削減、圧縮やキャッシュにより効率良くアプリケーション配信を高速化。専用ASICの採用で、レイヤ4やSSLの処理を業界最速クラスのスループットで提供し、さらにオプション機能で、ダイナミック・コンテンツを含むWebアプリケーション配信を最大10倍高速化します。

先進のアーキテクチャ TMOS

BIG-IP LTM の最大の特長は、アプリケーション配信を最適化するために必要な機能を統合し設計された、TMOS と呼ばれる革新的な新アーキテクチャです。
BIG-IP LTMのコアテクノロジー「TMOS」は、BIG-IP LTMがフル・アプリケーション・プロキシとして機能することにより、クライアントとサーバのトラフィックの終端となり、双方向のパケットをリアルタイムで処理し、正確できめ細かなレイヤ7のコンテンツ・スイッチングを実現します。

攻撃を未然に防ぐ「安全性」

 BIG-IP LTM では、「DDoS攻撃に対する防御」「パケット・フィルタリング」「リソースクローキング」「Cookieの暗号化」「アプリケーション攻撃のフィルタリング」を始めとするさまざまなセキュリティ対策が可能です。
また、セキュリティ対策には複数階層でのアプローチが有効です。BIG-IPは負荷分散機能を中核とする「LTM」に加え、WEBアプリケーションファイアフォールに特化した「ASM」や、Virtual Server単位でNWファイアウォールを適用できる「AFM」など、豊富なモジュール(SWライセンス)がリリースされています。より強固なセキュリティ対策が求められる環境においては、これらのモジュールを追加頂くことで、さらにセキュアで安全なサイトを構築することが可能です。

BIG-IP LTM メリット

ロードバランサーとしての「高い基礎能力」

 BIG-IP LTMはクライアントとサーバの間でフルプロキシするアーキテクチャを採用しています。フルプロキシすることにより、クライアントとサーバ間の通信をアプリケーションレベルで理解することができるため、一つ一つの動作、機能に対するきめ細かい制御が可能です。
例えば、メンテナンス時にVirtual Serverをオンラインからオフラインに変更する操作一つにしても、オフライン時に既存の通信を強制終了してしまうのではなく、新規の接続は受け付けないが通信中のセッションはきちんと維持するなど、エンド-to-エンドの通信を配慮した実装がなされています。

システムを止めない「安定性」

 BIG-IP LTMは、1秒以下で実行される高速なフェイルオーバー機能や包括的なコネクション・ミラーリング機能、モニター機能(ヘルスチェック)等により、システムやサーバ、アプリケーションの障害の影響を受けにくい、信頼性が高く安定したサービスを提供します。
例えば、BIG-IP のモニター機能はとても充実しており、さまざまなアプローチでサーバやアプリケーションのダウンを検知し対応します。
標準で30種類以上のテンプレートが用意されているほか、モニター用のプローブを頻繁に送出できない環境においても速やかにサーバダウンを検知できる「インバウンドモニター」、サーバダウン時のクライアントダウンタイムを短縮する効果がある「Action on Service」など、多彩な機能がサポートされています。

その他

 上記を一例とする製品の特長に加え、充実したナレッジが広く公開されていることもBIG-IP LTMの魅力です。メーカーの公式技術サイトであるAskF5や、12万人の登録者数を誇るコミュニティサイト(DevCentral)は、BIG-IPをご活用する上で役立つ情報が満載です。

                     資料提供:シーティーシー・エスピー株式会社

アプライアンス製品もオリックス・レンテックへ

表示されている金額以外に別途費用がかかる場合がございます。詳しくはお問い合わせください。

IT機器 レンタル

BIG-IP LTM 800(F5)

レンタル料(1カ月)

322,400円(税別)

IT機器 レンタル

BIG-IP LTM 2000S(F5)

レンタル料(1カ月)

617,900円(税別)

ページトップへ