社員インタビュー

冨田 美結(ICT営業 / 総合職)

仕事とプライベート、
両方充実させたい方にオススメです。

冨田 美結(ICT営業 / 総合職)

人間関係学部卒業後、2017年新卒入社。ICT部門で内勤営業を経験後、現在は外回りの営業を担当。

就職活動時の「軸」は?

現在の仕事内容は?

業界はあえて絞らず、「営業職」「女性が働きやすい職場」という2つの軸から企業を探す中で、自然とたどり着いたのがオリックスグループでした。その中でも事業内容に興味が持て、また人事担当者や先輩社員たちの飾らずフレンドリーな雰囲気に、一番しっくり来たのがオリックス・レンテックです。さらに女性社員が結婚・出産後も仕事と家庭を両立しながらいきいき働いていることを知り、大きく志望度が上がりました。

現在の仕事内容は?

現在の仕事内容は?

私が所属しているのは、PCやタブレット、サーバやネットワーク機器など、ICT機器レンタルの営業部門です。私は営業担当として新規・既存を問わずさまざまなお客さまを訪問し、ICT機器をレンタルするメリットをお伝えするなどして、購入やリースからの切り替えをご提案しています。また、入社1年目(取材時)ということで先輩のアシスタントとして商談に同行したり、先輩の指示で機器を手配したりしながら、営業の現場を学んでいます。

この仕事の醍醐味は?

この仕事の醍醐味は?

まずICT機器を使わない企業はなく、さまざまな業種のお客さまと接点を持てる点が面白いですね。またエンドユーザーとなる企業以外にも、SIerなどのIT企業も営業の対象としています。IT企業が開発した新たな情報システムとセットで、ユーザー企業に機器のレンタルを提案するなど、IT企業との協業を通してお客さまのビジネス拡大に貢献できることもこの営業の醍醐味だと感じています。

この仕事の醍醐味は?

以前からICTに詳しかった?

いえいえ、入社前はインターネットの利用や大学の授業でのWordの使用など、ごく一般的な知識レベルでした。入社後に学んだ知識がすべてと言っていいくらいです。私の場合は最初の内勤営業としての業務で、お客さまからのオーダーへのお見積もりの作成や、技術センターへの問い合わせ・機器の手配といった業務を通してICT機器の知識や業務フローの基本を学んだ気がします。自分で学ぶ姿勢は必要ですが、先輩や技術センターの皆さんも丁寧に教えてくれるので、その点は安心してください。

入社1年目を振り返って。

社会人になって大きく意識が変わったのは、「話し方」と「時間の使い方」でしょうか。社会人は限られた時間の中で、最大限の成果を出すことが求められます。話し方は結論から話すようにし、また時間の使い方も業務の優先順位と締切を決めることで、効率的な働き方を意識できるようになりました。配属当初はどの業務が重要なのかわからないことも多々ありましたが、経験をつむことで徐々に優先順位を判断できるようになっていると感じます。

ワークライフバランスは?

将来やりたいことは?

私は仕事とプライベートのメリハリを重視するタイプなのですが、現在の環境には非常に満足しています。早い場合は定時の17時、遅くとも19時には会社を出てスポーツジムや料理教室に通ったり、友人と飲みに行ったりと毎日が充実しています。また、当社では5営業日連続で有給休暇を取得すると奨励金が出るので、旅行好きには良い環境です。夏は沖縄に行きましたが、次は奨励金を使用してモルディブかハワイに行きたいと考えています。

ページトップへ戻る