社員インタビュー

森山 翔太(計測器営業 / 総合職)

例えば宇宙開発。
挑戦する企業を私は支えたい。

森山 翔太(計測器営業 / 総合職)

理工学部物理学科卒業後、2017年新卒入社。大手企業を顧客に計測器営業を担当

オリックス・レンテックへの入社動機は?

現在の仕事内容は?

大学時代の教授から、いま日本の研究現場では短期間で成果を出すことが求められており、必要な時に高価な計測器を使用することが難しいという話を聞きました。この現状を打破する方法はないのかと調べたときに、計測器レンタルの会社があると知ったのが当社との出会いです。自分自身は研究職というタイプではなかったので、オリックス・レンテックで企業をサポートする営業がしたいと応募しました。

現在の仕事内容は?

現在の仕事内容は?

計測器の営業部門は大きく4つに分かれており、私はその中でも電力やガス、水道、鉄道などの社会インフラに関わる大手企業向けのチームに所属しています。お客さまを訪問し、ニーズに応じた計測器をご提案することはもちろん、潜在的な課題やご要望をヒアリングしながら解決策を探るような動きもしています。中には最近お取り引きのないお客さまもありますが、再度お取り引きいただけるような営業活動も重要なミッションです。

この仕事の醍醐味は?

この仕事の醍醐味は?

年次や経験に関係なく、自分で考えて行動することが求められる当社の営業スタイルが、大きなやりがいにつながっています。お客さまの状況やニーズは本当にさまざまで、「刺さる」ポイントも千差万別です。例えば長らく計測器レンタルの実績がない企業では、ご担当者さまがレンタルの利点をご存じないケースもあります。またマニアックな機種や昔の機種をご希望のお客さまには、当社の豊富な在庫から当該機種をご提案できることもあります。課題を解決でき、「ありがとう」と言っていただけるとさらに嬉しいです。

この仕事の醍醐味は?

大変な点、難しいと感じる点は?

お客さまから何でも話していただけるわけではないので、自分で仮説を立てて提案を進めることもあります。入社間もないころ、新規のお客さまとの商談で、冒頭にその仮説が大外れしたときは商談にならずに苦労しました。この経験から、さまざまな可能性を想定し準備することの重要性を実感しました。また、仮説の確度を高めるために、業界のトレンドについて情報収集を行ったり、企業分析をしたりすることも重要だと学びました。

オリックス・レンテックのおすすめポイントは?

仕事しやすい環境が整っている点です。技術や機器などについては一から学べ、文系出身者でも問題ありません。チームミーティングでは自分が困っている案件について相談できたり、成功事例・失敗事例を共有したり、協力し合いながら仕事を進める温かい雰囲気があるのもいいですね。また柔軟な働き方をサポートするシステムも導入されていて、会社が社員の働きやすさに気を配っていることがよくわかります。私も毎日18時には帰宅しています。

将来の目標は?

将来やりたいことは?

今の部署は各業界の最先端を行くお客さまが多く、非常にやりがいがあります。そのような中で最善の提案や、ニーズを先回りした提案ができるに営業担当者になりたいです。例えば宇宙開発の分野では、技術革新でロケット打ち上げにかかる費用は1/10に削減されました。そうすると参入障壁も下がり、多くの企業にチャンスが生まれます。「当社が機器をレンタルするのでやりましょう!」と、そこに挑もうとしている企業さまをサポートしていきたいです。

ページトップへ戻る