教育・キャリア

教育・キャリア

自らを磨き、チャンスを通して成長する。

オリックス・レンテック最大の財産は「人」です。お客さまへの提案も技術も人が生みだすもの。私たちは社員の成長を後押しするために、さまざまな研修制度やキャリア制度を整えています。

複合的なプログラムで専門性と総合力、両方を磨く。

オリックス・レンテックでは、入社10年までを目安に現場リーダーとして活躍できる人材の育成を目指し、業務知識、マネジメントスキルなど、多様な研修プログラムを用意しています。そしてその後は、マネジメント人材としてさらなる活躍を期待します。

複合的なプログラムで専門性と総合力、両方を磨く。

新入社員研修 グループ合同および単独の研修で、社会人として、またオリックス・レンテックでの業務に必要な基礎知識を習得します。
■総合職
ビジネススキルと経済・金融の知識、当社事業や製品について習得
■技術専門職
ビジネススキルや当社事業、より具体的な技術知識・スキルを習得
■一般職
ビジネススキルやパソコンスキル、社内システムの操作方法などを習得
配属後研修 配属後、数ヵ月は先輩社員がトレーナーとしてつき、OJTとして実際の仕事を通して実務知識・スキルを習得します。(OJT=On the Job Training)
階層別研修 年次やステージに応じて必要なビジネススキルやマネジメント能力を身につける集合研修を行います。
自己研鑽プログラム 業務に必要な知識や取得したい資格などを、社内研修、通信教育、Eラーニングなどで自発的に学べる制度です。
グローバル人材育成 グループの中で語学を必要とする業務の担当者、海外での勤務を志向する社員に対して行う、選抜型研修です。
女性活躍推進・
キャリアデザイン研修
女性がより主体的にキャリア形成しやすいよう、外部講師による講演や参加者同士のグループディスカッションなどを実施しています。

複合的なプログラムで専門性と総合力、両方を磨く。

オリックスグループには、「自己申告制度」「キャリアチャレンジ制度」があり、自分が望むポジション、部門への異動を直接人事部門や希望部署に申告することができます。欠員状況や面談結果などを総合的に判断し、異動が決定します。

自己申告制度 自分の強みやこれまでの経験をふまえ、次に挑戦したい部門、キャリア形成のために経験したい業務について、現在の上長を通さずに直接、人事部門へ申告できる制度
キャリアチャレンジ
制度
グループ会社を含めた希望部署に直接応募し、希望部署との面談によって部門異動にチャレンジできる制度

ページトップへ戻る